ペットボトルキャップを活用する方法を知ろう

2番目のページでは、いよいよ本題である、ペットボトルのキャップを活用した様々な方法やテクニックなどを解説していきたいと思います。 小さな、手のひらに収まるようなプラスチックのかたまりも、アイデアしだいで活用方法は大きく広がっていってくれるのです。

ペットボトル、その他使い道はあるのか

最後の3番目のページでは、ペットボトルのキャップを再利用する、つまり、社会的な要請としてのリサイクルや、日常生活における道具として用いる以外の方法を知る事で、より、再利用や活用への意識を高めて頂ければと思います。 ビジネス的なアプローチも解説します。

ボトルキャップは普段はどうするのか

このサイトでは、ペットボトルに必ずついているあのプラスチックのキャップは、どのような活用方法があるのかを調べ、情報を提供し、ゴミの削減やさらなる活用方法、社会への貢献などを解説していくことをテーマにしています。
ペットボトルを買うと必ず付いているのが、プラスチックのキャップです。
このペットボトルのプラスチックキャップ、皆さんは、ペットボトルの中身を飲み終えた後、どのように処分していますか?
ボトルと一緒に捨てていたりはしませんか?
家庭では分別していても、コンビニや出先のゴミ箱で捨てる時は、分別せずにゴミ箱に捨てたりはしていないでしょうか?
実は、それはとてももったいないのです。
ペットボトルのキャップには、皆さんが思っている以上に、さまざまな活用方法が存在します。
また、リサイクルだけでない、別の方法を見い出して活用している団体もあります。
このサイトでは、そうした、一見何の変哲もない、この小さなプラスチックのキャップを、実にバリエーション豊かに活用している様々な例を紹介することで、リサイクル、ゴミ削減の実現へ少しでも貢献できたらと考えています。
最初のページでは、ペットボトルやそのプラスチックキャップが、年間どのくらい生産されていて、どのくらいゴミとして、あるいはリサイクルされているのかを解説します。
2ページ目では、プラスチックのキャップが、家庭生活や趣味の領域に置いても様々に活用できるその事例を紹介します。
最後のページでは、キャップだけでなく、ペットボトル自体の活用例と、キャップ回収を社会的事業に応用しているある取り組みを紹介します。

ペットボトルのキャップを活用する方法

最初の1ページ目では、ペットボトルのキャップは、ゴミとして捨てられる場合はどのように処理されるのかを解説していくことで、普段何気なく捨てているペットボトルのキャップの現状を知って、活用により積極的になるきっかけとなっていけたら良いと思います。